SEOと文章力は、まったくの別物

「SEO対策をしていても検索順位が上がらない」
このような悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。

ホームページやディスクリプションを見て、最終的に判断するのはGoogleです。つまり、Google運営者である“サイトを選別する人”にホームページの内容や意味が伝わらなければ、検索順位は上がりません。それには、競合の上位サイトより魅力的かつ読みやすい内容であることも欠かせません。

またSEOを使いこなせていない要因の一つに「キーワードの多用」があります。ひと昔前のように、本文にキーワードを何回も使えば検索順位が上がることはありません。

キーワードを基に主旨が読書に伝わる内容を、Google側は見ています。そのためには、キーワードを絡めた文章調整が必要であり、読ませる文章テクニックも要ります。

僭越ながら

彩文屋はオーガニック検索の「文章代行」で1位を獲得した実績を持ちます。その当時の総検索数は800万件という競合規模。ブログもやらず、コンテンツも5つと少ないなか、ライティング技術とコンテンツの構成だけでトップを維持しました。現在は競合数も1000万単位に上がり、順位こそ4位と落としたましたが、それでもトップ検索で表示されています。

文章力は「読み取る力」を養ってこそ成せる業

文章力とは、1年やそこらの経験で、修得できるものではありません。では年数を積めばよいか?それも違います。10年間で5000記事の依頼を受けてわかってきたことですが、「かゆいところを書ける」のが文章力だと、私は思っています。依頼者の意図や訴求を読み取れず、ダメ出しを喰らったことも多々ありました。

でもそれを糧に次は「二の舞を演じまい」と依頼者や読書の心理を深く追求していくことを繰り返した結果、今こうして読者の前で「文章力とは」と述べられるのです。

文章力に型やマニュアルなどはありません。例えるなら、幸せを言葉にするのと同じです。私はそう思っています。ただ、優れた文章力を発揮するには、「人一倍の読書と相手の気持ちになれるか」という要素は欠かせません。そこだけは、はっきり言えます。

5000記事という膨大な量をわかりやすく例えると、本の発行数で約100冊分です。1記事あたりに依頼される文章のボリューム感は2000字前後、原稿用紙にして5枚分です。だいたい60記事で、本1冊分の量(原稿用紙300枚)に相当します。

その1冊1冊、強いて言えば一文一文の積み重ねで読解力が鍛えられ、おかげさまで依頼も継続させていただいています。

マルチライティング
価格:4,000
送料無料
在庫あり
在庫切れ
数量:
商品の説明
世界を動かす文章力で、ホームページやコンテンツライティング、ブログ記事などを作成いたします。

powered by crayon(クレヨン)